MENU

対策方法

足汗

私は高校生ぐらいになったころから、脚に汗を大量に書くようになりました。いわゆる足汗ですね。

 

足汗をかくと靴を脱がないといけない時に足裏がベチャベチャになって、ちょっと汚らしい目で見られたり、汗によって靴の中が蒸れて凄い臭いを放ったりします。

 

なので、友達の家に遊びに言ったり靴を脱がないといけない場所での飲み会などすごく気を遣います。気を遣うというか、あえて避けたりすることもしばしば・・・。

 

男性だとあまり気を遣わない人もいるのかもしれないけど、女性にとって足がベチャベチャで臭いっていうのは致命的な問題になりますよね。

 

なので、「何かいい対策はないのか?」という事にアンテナを張って調べています(p_-)

 

足汗自体を直接抑える対策

 

臭いを抑える対策というのは後からも紹介しますが、それなりにあるかと思います。

 

でも、足汗そのものを抑える対策が1番重要ではないかと思いました。そもそも足汗をかくことが原因で足の臭いが酷くなっているという事ですから。

 

で、足汗そのものを抑えることができる商品はないかな?とずーっと探していたのですが、なかなかないというかそういう商品自体なかったのですが、遂に見つけました!

 

それが足サラという商品です。

 

足サラがどういう商品化というと、汗をかく元である汗腺をしっかりブロックしてくれる商品です。朝出かける前にスプレーしておくだけなのです。

 

正直最初は「ホントかな??」と半信半疑だったんですが、実際に使ってみて数日たつころには、あの私の酷い足汗がかなりおさまってきたのです( ゚Д゚)( ゚Д゚)( ゚Д゚)

 

もちろん100%足汗が出なくなったというわけではありませんが、明らかに足汗の量が減っているのです。

 

ちょっと、この足サラを初めて知ったという人には信じにくいかもしれませんが、足汗で悩んでいる方にはほんとにおすすめなので一度試してみるといいかと思います。

 

※足サラの詳細↓↓↓
足サラ

 

足汗をかく原因

 

夏であればまだしも、夏だけではなく冬まで大量の足汗に悩まされている人は多いと思います。

 

では、足汗の原因にはどのようなものがあるのでしょうか。足汗の原因について考えてみましょう。

 

精神的発汗

ストレスを抱える女性

足の汗は、ストレスを強く感じている時に多くなると言われています。

 

このような汗のことをストレス性発汗、精神的発汗と呼ばれています。緊張した時に手に汗をかいたり、体中がベタベタしたりしてきた、という経験がある方もいるのではないでしょうか。

 

人前で話をする時には手に汗をかいてしまい、手のひらを広げるとシワの間に汗が溜まっていた、ということはありませんか?

 

このような状態の時には緊張していたりするものです。

 

この汗は、汗腺のある場所であればどこでも出てきます。

 

足の裏は汗が見にくいので感じないかもしれませんが、実は足の裏も大量の汗が出ています。

 

靴や靴下に包まれているため、汗をかきやすい状態なのです。気づかぬうちに大量の汗をかいている、ということも珍しくないのです。

 

汗をかいている時間が長時間続けば、臭いの原因や、雑菌の繁殖の原因にもなります。
ストレスを完全になくせば、足汗を改善することができるでしょう。

 

しかし、ストレスを一生溜め込まないように生活する、というのはまず不可能です。そのため汗をかかないように工夫をするよりも、汗をかいた時にできる対策を取る必要があるのです。

 

例えば汗をかいたらこまめに靴下を履き替えるようにしたり、アルコール成分が入っているウェットティッシュを使用したりする、といったことから始めてみてはどうでしょうか。

 

運動不足

無関係だと思われがちですが、運動不足と足汗には非常に深い関係があります。

 

普段から定期的に運動している人と、運動する習慣のない人とでは発汗の量はもちろん、足汗の成分が異なります。

 

運動する習慣のある人がかいている汗は、運動しない人が流すものと比較すると、サラサラで臭いなどもほとんどありません。

 

この違いは、運動をする習慣のある人は自然と汗をしっかり流しているからです。適度に発汗することが、体にとってとても重要です。

 

適度に発汗すると、体の中に含まれている老廃物がしっかりと排出されていきます。

 

老廃物が含まれていない汗の成分は酸性です。

 

汗を分解して臭いの原因となる物質を発生させる雑菌は、アルカリ性の汗を好みますが、老廃物が多く含まれている汗は、雑菌が喜んで餌にするため臭いも多く発せられることになります。

 

また普段から運動をしている人は、汗を頻繁にかいるので汗をかくときには体温調節に適した、丁度良い量の汗です。

 

しかし、運動不足の人は少し運動したときなど、汗をかくタイミングにおいて、必要以上に大量の汗が分泌されます。

 

その結果、運動している人としていない人とでは、運動していない人の方が足の裏に大量の汗をかいてしまうのです。

 

冷え性

冷え性で悩んでいる方も非常に多いと思いますが、冷え性であるにもかかわらず足汗を大量にかいてしまう、という方もまた多いでしょう。

 

では、体が冷えているにもかかわらず、足汗をかいてしまうのは何故なのでしょうか。

 

そもそも汗は暑いときにかくもので、体が冷えている時は汗をかかないはずなのに、なぜ足汗をかくのか疑問に思いませんか?

 

実は、汗は暑い時以外にもかくものだからです。汗には体温調節のためにかく汗もありますし、興奮した時など精神的なことが原因で汗をかく時もあります。

 

そして、冷え性で汗をかくこともあるのです。冷え性の人は血行が悪くなっている、ということが大半で、手や足先などが冷えてしまうことが多いです。そのため、体を温めるために靴下を履くことも多いでしょう。

 

しかし、靴下を履くことで急激に足の体温が上昇します。体温が上昇すると体温を下げなければならないと体が判断し、足汗を出そうとします。

 

そして、足は汗が蒸発することによって体温が急激に奪われていくのです。

 

その結果、足が冷えてしまうという悪循環に陥ってしまいます。

 

冷え性によって引き起こされている足汗は、第一に冷え性を改善することが重要です。

 

冷え性を改善するために体を温める、というのは基本ですが、足をピンポイントで温めるのも良いでしょう。

 

普段からできるだけ足を温めるようにすることで、全身を温めることにつながり、冷え性に対して効果的なのです。

 

例えば足湯などを行う場合には、冷たい水とお湯を交互に使用するとさらに冷え性が改善しやすくなります。

 

血管の縮小と拡張を交互に行うことができ、血行が促進されます。

 

またマッサージをするのもオススメです。

 

足のマッサージを行うことによって、血液の流れが良くなると同時に、筋肉をほぐすことで筋肉の働きによる冷え性の改善も期待することができます。

 

また精神的なストレスの解消にもなりますので、ストレスが原因となっている足汗に対しても、ある程度の効果を期待することができるでしょう。

 

寝汗

寝汗は体全体にかくと思うのですが、足だけに寝汗をかいてしまうことや、場合によっては寝ているときにシーツを濡らしてしまうほどに汗をかくことがあります。

 

では睡眠中に足の裏に汗をかく理由について考えてみましょう。

 

基本的に睡眠中に汗をかくのはごく普通のことです。一晩でコップ一杯程度の汗をかくといわれているのです。

 

特に足は汗腺が集中しているために、汗をかきやすいのです。寝ているときに汗をかくのは体温調節を行うためであり、足の裏から汗をかいても決して不思議ではありませんが、あまりにも汗の量が多い場合には体のどこかに異常がある可能性もあります。

 

精神的なストレスや冷え性だけではなく、アルコールの過剰摂取も関係してくることがあります。

 

お酒を大量に飲んで寝ると寝汗をかきやすい、という経験はあると思いますが、これは体内のアルコールを体外に排出しようとするためです。

 

そこで汗腺が集中している足の裏から大量の汗を出そうとします。

 

また、寝る前には水分をある程度補給したほうが良いと言われていますが、過剰に摂取してしまうと足汗の量が増えることに繋がる可能性があるので、あまりお勧めしません。

 

ただし、全く水分補給せずに睡眠を取ってしまうと血液がドロドロになってしまいますので、就寝前には350ミリリットル程度の水分を補給するというのがベストです。

 

睡眠中に足汗を大量にかいてしまうため、シーツ等を汚したくないからと靴下を履く人も多いです。

 

睡眠中に靴下を履くのは体を温める効果があったり、汗でシーツを汚すのを防ぐ効果があったりすると思われるかもしれませんが、寝ているときに靴下を履いたままにしていると、足を締め付けてしまい血流を悪くしてしまいます。

 

また、汗が蒸発しにくく、靴下の中で蒸れてしまうこともあります。

 

そのため、靴下を履く場合には蒸れにくいものを使用したり、普段から足を温めたりするなどして血流を良くしておくようにしてください。

 

 

このように足汗をかいてしまうことには、様々な原因が隠れています。精神的な事はもちろん体温調節のため、運動不足が原因となっていることなど様々です。

 

人によって原因は全く異なりますし、対処法もまた違ってきます。

 

足汗をかいていることが単なる汗かきなのか、ただ暑いだけなのか、など原因を安易に決めつけないようにしてください。

 

場合によっては精神的な大きなストレスを抱え込んでいることに気づいていない、ということもありますし、運動不足などが原因で体に悪影響を及ぼしている可能性もあるからです。

 

足汗の原因を根本的に改善すると同時に、デオドラントなどを使用してこまめにケアするというのもおすすめです。

 

 

足の臭いを抑える対策

 

足汗をかいたら足を洗う、靴下を変える

 

足汗をかいてしまってそのままにしておくと、湿って雑菌がどんどん繁殖してきます。この雑菌によってひどい臭いがしてくるのです。

 

ですので、足汗をかいたら、できる事ならば足を洗って靴下を新しいのに取り替えておくことが大事です。

 

ただ、足を洗うというのはどこででもできる事ではないですので、汗ふきシートで足を拭いて、新しい靴下に取り換えるようにするといいかと思います。
変えの靴下は出かけるときには常に持っておくと安心ですね。

 

毎日同じ靴を履かない

毎日同じ靴を履いていたら、靴についた汗が渇かないうちに、又靴を履くことになって、より雑菌が繁殖して臭いが酷くなります。

 

なので、せめて1日おきにはくぐらいにしておいた方がいいですね。はいていない靴は靴箱にしまうのではなく、風通しの良いところに出しておくといいでしょう。

 

サイズに合った靴を選ぶ

自分の足より大きい靴や小さい靴ですと、常に足を刺激することになってしまい、汗をかきやすくなります。
自分の足にぴったりの靴ならば、こういったことはありませんので、よりピッタリな靴を選ぶようにしましょう。

 

足のケアをしておく

足のつめってついつい伸ばし気味になってしまうと思います。でも、あまり伸ばしすぎになってしまうと、指と爪の間に垢が溜まってしまい、雑菌が繁殖してしまうということもあります。

 

あと、足の角質ケアをしておくことも大事ですね。なるべく足を清潔にしておくことにより、足の臭いを防ぐことができます。

 

 

 

私の足汗の悩み

 

都内の服屋さんで正社員として働いている25歳のファッション大好きなものです(^^)

 

小さいころからファッション雑誌を見ては、コーディネートを考えたり、洋服を買ったりと常にファッションに興味を持っていました。なので将来は自分で洋服を作ったり、コーディネートをしたり、販売をしたりと絶対にファッションに関わった仕事に就きたいって思っていました(#^^#)

 

足汗に悩む私

洋裁学校を卒業をして、今は服屋さんで働きながら趣味で洋服を作ったりしています♪♪

 

お店ではほぼ立ちっぱなし。その中での悩みが足が浮腫むこと、腰が痛くなること、それと足汗を沢山かいてしまうこと・・・。

 

足が浮腫むのは、毎日マッサージをしたりゆっくり湯船に浸かって浮腫みを取り、腰痛はストレッチや筋トレをして解消しているのですが、どうしても足汗だけは解消できていない状態です(;´・ω・)

 

夏場は店内はクーラーをきかせているのでそこまで暑くないのになぜか足にだけ汗をかきます。サンダルやヒールを履いていると蒸れることはないはずなのに足の裏がにゅるにゅる・・・靴から足が抜けることもあるし、滑るから安定感がないのでものすごく歩きにくいんですよね((+_+))

 

冬場はブーツを履くことが多いんだけど、それはそれは大変。なにが大変かって、ブーツって通気性が悪いから蒸れるし、そのせいで嫌な臭?い臭いが染みつくし(>_<)

 

仕事の後何も用事がなければ、その日一日ブーツを脱がなければ済むことなんだけど、仕事終わりに用事があるときは必ず一度家に帰って足を洗って、違うブーツで出かけたりしています。

 

面倒だけど、臭いをそこら辺じゅうに散りばめるよりかは全然マシ。。。

 

先日なんて、仕事が終わって携帯を見ると友人から急で悪いんだけどコンパで人数が足りなくなったから来て欲しいってメールが入ってて・・・時間的に家に帰って足を洗ってから行く時間がなく。。。

 

すぐに、行くお店が座敷なのかテーブル席なのかを確認しました!!座敷なら断って、テーブルなら行こうと、足汗のせいで折角の出会いの場に行くかどうか決めないといけないくらい酷い私の足汗(*_*)

 

足の汗って、こんなにかくものなんですかね??私だけ??

 

友人たちは食事に行っても普通にブーツを脱ぐし、かといって臭いが漂ってくるわけでもないし・・・ってことは少なくとも友人たちはそれほどまで足に汗をかかず、ブーツの中も蒸れたりしてないってことなのかな(/・ω・)/

 

男性はまだしも女性が足が臭いってホントに嫌((+_+))どうにかしたいですね(._.)

 

私は特に気にしすぎる性格なので、足汗をかくということを気にしすぎて、ストレスが溜まり、より足汗をかくようになっているんだと思います。

 

寒い冬になりましたね。

 

女性だとブーツを履く機会も増えてブーツにより足の群れも気になってきますし、男性もサンダルを冬の間履いておくわけにはいかないでしょう。

 

なので、私だけかもしれませんが足汗をかく人にとっては冬は結構過酷な時期でもあるのです。

 

やはり対策しておくのは非常に重要かなと思いますね。