MENU

安全靴と足汗のケア

物流倉庫でフォークリフトの運転をしているのですが、倉庫内では作業者には安全靴の着用が義務付けられています。

 

安全靴とは足を落下物などから保護するため、つま先部分に金属板が入っている靴のことです。

 

最近は重量や機能が改善された良品がたくさん発売されてはいるのですが、それでもやはり普通の靴と比べると大変不快です。

 

私は特に足汗をかきやすい体質で、夏場の暑い倉庫内では仕事に支障をきたすほどのムレと汗で困っています。倉庫内は広く開放的なのですが、回りに気づかれたらどうしようと思うぐらいキツイ臭いがすることもあります。

 

少しでも快適に仕事をするため、安全靴には様々な工夫をしています。

 

100円ショップで靴の中敷を大量に買い、ほぼ毎日交換しています。臭い消しに効果がある重量も100円ショップで買い、仕事前にスプーン一杯安全靴の中に投入しています。

 

完全ではありませんが、これで発汗による臭いをある程度抑制できます。

 

また、休憩時間中は駐車場の日当たりの良い場所で靴を脱いで、足を除菌ウエットティッシュで拭いて乾かします。

 

面倒くさいのですが、不快な状態に意識をとられるとミスして事故につながりかねないので気を使っています。