MENU

何かと悩める冬場の足汗

私は元々汗をかきやすい体質のようで、特に冬場は靴下が濡れるほど大量の汗をかくので困っています。

 

北国住まいなので、雪道で滑って転ばないためにも冬は常に冬用の靴やブーツを履いているのですが、冬用の靴は足元が冷えないために生地にフリースやボアを張ったり、発熱素材などを使用しているものが多く、それが災いしているようです。

 

靴もブーツも、履いてすぐは暖かいのですが、ある程度の時間歩いてくると足元だけ異常に暑くなり、汗をかいてしまいます。

 

とくに空調が効いているショッピングセンターなどは、コートは脱げても靴までは脱げません。

 

汗をかいて靴の中や靴下を濡らしても、履いている間は乾かすことが出来ないので足が濡れた状態で歩かなければいけないのですが、それは本当にとても気持ちの悪いものです。

 

また、自分の汗で足が冷えてしまい、そのせいで冬場は足の指やかかとにしもやけが出来てしまい、こちらにも困っています。

 

そして、そのような状態のときに、食事などで靴を脱いでお座敷などに上がるときなどは、足が濡れていることやニオイなどを指摘されるのではないのかと心配になります。

 

足のニオイケア用のクリームを塗ると、足の汗やニオイが幾分押さえられサラサラにはなりますが、そのサラサラ感が強すぎて刺激となり足が痒くなってしまうことがあります。

 

夏は汗をかいてもサンダルなど履く機会が多いので、蒸れても乾きやすいのですが、冬用の靴は一度濡れてしまうとなかなか乾きません。しっかりと乾くまで数日掛かることもあるので、冬用の靴の替えが数足必要になりかなり不経済だなと思います。

 

街を歩いていて手涼しい顔をしてブーツを履いている人を見ると、とてもうらやましく思います。