MENU

臭い足汗

足汗をかくこと自体は決して悪いことではありません。体が本来持っている発汗という作用が十分に機能しているからです。

 

しかし、ここで問題になるのは汗をかくことではなく、汗をかくことによって臭いが発生することです。

 

それではくさい足汗に対してどのように対処をするのか、考えてみましょう。

 

足の裏は細菌の天国

 

細菌にとって格好の繁殖の場はやはり足の裏です。足の裏は、体の中でも特に汗を多くかく箇所であるといわれています。

 

個人差はあるのですが、背中の5倍から10倍もの汗をかくと言われており、1日にコップ1杯分もの汗をかいているのです。

 

この足にかいた汗をそのまま放置していると、臭いが発生してしまいます。

 

これは皮膚に住んでいる常在菌によって汗が分解され、悪臭の原因となっている脂肪酸を発生させるからです。

 

足の裏、特にかかとを触ってみるとわかりますが、かかとは皮膚が非常に硬くなっています。

 

これは毎日同じように体重をかけていることによって角質が硬化しているのですが、足の裏の分厚い角質は、臭いの原因となっているのです。

 

角質は本来新陳代謝によって大量の垢、汚れと一緒に剥がれ落ちていくものです。

 

ここには皮脂も混ざっていますので、酸っぱい臭いや納豆のような悪臭がします。

 

本来これらの菌も垢と一緒に角質と剥がれ落ちているのですが、常に体重をかけていることによって角質が剥がれ落ちることなく蓄積し、それが硬くなってしまうのです。

 

硬くなった角質を放置していると臭いの染み込んだ角質を皮膚の表面に貼り付けて歩いているようなものです。

 

もちろんそこには雑菌が大量に繁殖しますので、臭いはますますひどくなります。

 

そのため角質を定期的に軽石で削るようにしましょう。

 

それだけでも足の臭いは大幅に軽減されますし、その角質を通過して出てくる汗も臭いが軽減されます。

 

くさい足汗のケア

 

くさい足汗をケアするためには6つのポイントがあります。

 

まず制汗です。制汗クリームなどを使用して制汗剤を塗った後は、十分に乾燥させてください。

 

また、靴の中に防水スプレーを使用するだけで、汗が靴に染み込みにくくなります。

 

そして、靴に湿気がこもらないようにすることができます。

 

また、ムレ防止もとても重要になります。素足でなくストッキングや靴下を履いて靴を履くようにするとムレ防止になり臭いを軽減できます。

 

そして消臭です。スプレータイプの消臭剤はもちろん、汗を拭き取ることができるシートタイプも販売されています。

 

靴を脱ぐとき臭いに気づいた場合には、すぐにこういったものを使用してケアしてください。

 

そのまま放置していると角質に臭いがどんどん染み込んできます。

 

そして汗を吸い取ることも重要です。

 

汗を吸い取る効果の高いインナーソールを使用することで足のムレを軽減できます。

 

それらを使用した上で同じ靴を履き続けないようにして、こまめに靴を乾燥させるというのもとても重要なポイントとなります。

 

くさい足汗を予防するためには、足を消毒するというのも重要です。

 

もちろん消毒液を使用して消毒するわけではありません。

 

ここでおすすめなのは木酢液と呼ばれる液体です。これは竹から抽出したエキスなのですが、雑菌の繁殖を抑制する効果があります。

 

そもそも足の臭いの原因となっているムレは、本来臭わないものです。

 

湿度の高いところで放置していると臭いの原因となる脂肪酸に変化し、その脂肪酸は雑菌の餌となります。

 

この脂肪酸や垢などを栄養にしている雑菌が増殖することで臭いを発生させますので、足の裏を清潔に維持することが重要です。

 

木酢液の持つ炎症の抑制や殺菌効果などを利用して足を消毒しましょう。

 

500ミリリットルの水に木酢液を加えます。そしてバケツに足を入れてしばらく足湯のような状態で放置します。

 

この木酢液は、生ゴミの臭いやまな板の除菌消臭に使用されます。

 

それだけ非常に高い殺菌効果がありますので、制汗剤などを使用するだけではなく根本的に足の除菌をするのが重要です。

 

くさい足汗は病気?

くさい足汗が大量に分泌されると、やはり病気なのではないかと不安を抱かれることもあると思います。

 

足汗の多い、少ないというのは体質などが関係している可能性もあります。

 

足汗の量は体質で違いがありますが、臭いは直接的には関係していません。

 

例えばワキガは、アポクリン線と呼ばれる汗腺が存在していることで臭いが発生しています。

 

しかし、足の裏にアポクリン線はありません。つまりワキガのように治療する方法はありませんし、治療する必要もありません。何よりも重要な事は普段の生活の中でどれだけケアできるかということです。

 

ただし、水虫などの皮膚病が原因となっている場合があります。水虫を発症している場合には、皮膚が異常にただれ、剥けてしまうなどさまざまな異常が見られます。

 

そのためそういった異常が見られる場合には、皮膚科に相談してみると良いでしょう。

 

汗をかけばかくほど雑菌が繁殖するリスクは高くなりますので、ある意味足汗の量と臭いは比例するところもあるかもしれません。

 

やはり、足汗を改善することが臭いを改善することにもなるのです。

 

足汗をかきやすい性格って?

 

足汗をかきやすい人の性格としては、真面目な人、努力型の人です。

 

このような人は足の汗に悩まされることが多いです。

 

真面目で完璧主義の人や負けず嫌いな人、人前に出ることが恥ずかしい人というのは汗をかきやすいからです。

 

体の汗や足の裏に汗をかきやすいのは緊張しやすかったり、相手の気持ちを伺おうとしたりなど思いやりの気持ちが裏返しになって出ていることもあります。

 

自分が原因で相手の気分を害してしまっているのではないか、などを気にするがゆえに必要以上にストレスを溜め込んでしまいます。

 

ストレスを溜め込んでしまうと体臭を発生させ、汗がかきやすくなるわけです。

 

そのため足汗をかきやすい人は一度精神的な部分に目を向けてみてはどうでしょうか。

 

例えばそもそも足汗を気にしないということです。

 

足汗をかいている、足が臭くなるのではないか、人に迷惑がかかるのではないか、といった思考回路になると、足汗をかいた時点でストレスが大幅に増加してしまい、汗が止めどなく溢れ出てくるようになります。

 

そのため汗をかきはじめたと思った時点で、一度深呼吸をしてください。

 

実は深呼吸は、自律神経の働きをコントロールすることができます。

 

そしてこの自律神経の働きこそが足汗の過剰な分泌に大きく関係しているのです。

 

意識をしてしっかりと呼吸をすることによって、交感神経の緊張が解けて静まっていき発汗機能が抑制されます。

 

深呼吸をしっかりとすることでリラックス効果を得ることできるのです。

 

ストレスを感じている時、不安な時、恥ずかしい時などそういった場面では知らず知らずのうちに呼吸が浅くなってしまいますので、心を落ちつかせて深呼吸をするということをぜひ試してみてください。

 

呼吸の仕方は思いの他とても重要なことなんですよ。

 

普段の生活の中で足汗をかきやすいというのは、さまざまな弊害を生み出します。

 

しかし、決してコントロールできないものでもありませんし、臭いを消すことができないわけでもありません。

 

毎日の心がけ次第で足汗の臭いや量をコントロールすることは十分に可能なのです。

 

すぐに効果が出るものではないのですが、できるだけ早く足汗に対して対策を行う、ということが重要になるのです。