MENU

足汗をかく人の靴下はどういうのがいいの?

足汗をたくさんかきすぎてしまう人は、日常生活において様々な負担がかかります。

 

足汗をかく人はどのように対策すればよいのでしょうか。

 

足汗をかく人に適した靴下の選び方、ケアの方法といったものを考えていきましょう。

 

靴下は素材に注意

 

足汗をたくさんかく人にとって靴下は必須アイテムです。しかし、どのような靴下でも良いのかといえばそうではありません。

 

足汗をたくさんかく人にとって適した靴下というものがあります。

 

足汗をかきやすい人に適したものは、シルク素材の靴下です。シルク素材で作られている靴下を履くことで、それまでは汗で湿ってベタベタしていた足も、嘘のようにサラサラの状態へと改善できるようになります。

 

というのも、シルクは非常に通気性の高い素材ですので、靴を長時間履いていたとしても蒸れにくいのです。

 

また、シルク素材の靴下は速乾力が極めて高いですので、汗をかいてから乾くまでが非常に短時間で済みます。

 

普通の靴下屋でも販売されていますし、手軽に購入できるというのも魅力的です。

 

また、5本指靴下もオススメです。最近では、指先が5本に分かれている靴下がたくさん販売されています。

 

足の指1本1本を生地がしっかりと包んでくれるので、一見すると蒸れるように感じるかもしれませんが、5本指ソックスには汗を抑える働きがあります。

 

さらに、足の間に汗をかいてもしっかりと吸収してくれますので足が蒸れにくいのです。

 

5本指ソックスで、さらにシルク素材などであればさらに魅力的です。

 

ソックスだけではなくストッキングでも5本指のタイプがありますので、パンプスを普段からよく履き、足が蒸れやすい方にもオススメです。

 

靴下の下に履く靴下

 

また、靴下は一般的に1枚だけ履くというのが基本です。

 

しかし、靴下の下に履く靴下があるのはご存知でしょうか。

 

このような靴下は、インナー靴下と呼ばれており非常に薄手なので、普通の靴下の下に履いたとしても外側から見たときに違和感は一切ありません。

 

インナー靴下は5本指に分かれていることが多く、汗をかいてもすぐに吸収され、効率よく蒸発されていきます。

 

非常に吸水力が高く、それでいて速乾なので、足が蒸れるリスクを最小限に抑えることができます。

 

足汗を吸収したり、すぐに乾かしたりといった足汗に対して効果的な靴下を履いている場合、なぜか靴下がパリパリになることがあります。

 

靴下がパリパリになってしまう方は足汗だけではなく、足の臭いも強烈だと思います。靴下が硬くなってしまうのは、足から分泌されている皮脂が固まっているからです。

 

つまり洗顔をしないときや、夏場の夕方などになるとお肌がテカテカになって脂っぽくなります。その状態が足にも起きているということです。

 

そして、脂というのは気温が下がり、冷えることで固まります。その脂が靴下を固めてしまっているのです。

 

足の汗を予防改善する上で効果的とされている靴下なのですが、使用するたびに固まる、洗濯をしても皮脂や臭いが取れないのではやはり意味がありません。

 

靴下が固くなり臭いがいつまでも残っている場合には、温水で洗濯をするのがオススメです。

 

温水を使用することで固くなっている皮脂を溶かすことができますし、効率よく除菌することもできますので試してみてはどうでしょうか。

 

足汗だけでなく臭いが酷い

 

足汗を多くかきやすい人は靴下の臭いが強烈になります。そのため、靴下の臭いが酷い時には洗濯前に一工夫してみましょう。

 

洗濯前に熱湯消毒やスチームアイロンに当てると、臭いの原因となる雑菌をすぐに殺菌することができます。

 

熱湯が難しければ、60度程度のお湯でも問題ありません。

 

また殺菌用のハンドソープなどを使用して靴下を洗浄するのも効果的です。

 

殺菌性の高いハンドソープを使用して靴下を洗うことで、靴下に付着している菌を除菌できます。

 

普通の石鹸だけでは除菌効果はいまいち高くありませんが、ハンドソープを使用することで臭いや菌を効果的に取れたということもよくあります。

 

また、重曹水に1時間程度浸け置きするのも効果的です。

 

重曹はアルカリ性ですので酸性の皮脂の汚れ、臭いなどを中和し消臭効果を高めることができます。

 

1時間程度のつけ置きで十分ですが、あまりにも臭いがひどく少々のつけ置き程度で臭いが取れない場合は、一晩中つけておくことでより高い消臭効果を期待できます。

 

臭いに対してつけおきというのはとても効果的なのです。

 

足汗をかくなら靴も清潔に

 

足汗を多くかく人は靴下の臭いはもちろん強烈ですが、普段履いている靴にも臭いが染み付いています。

 

特に革靴やパンプスなどを毎日履いている方は、臭いが染み込んでいる可能性が高いです。

 

どれだけ靴下や足をきれいにしたり、足汗を抑える工夫をしたりしていても、靴に臭いが染みついていれば足がすぐに臭くなってしまいます。

 

そこで靴に染み付いた臭いを改善するためには、ミョウバンや木酢液などを薄めた水でスプレーをしましょう。

 

ミョウバンは非常に高い消臭効果があるとされており、水600ミリリットルあたり20グラム混ぜて使用するので、非常に経済的です。

 

ミョウバンを溶かした水をスプレー容器に入れて使用してきます。

 

また、普段から同じ靴ばかり履いている方は注意が必要です。いつも同じ靴を履いていると靴を十分に乾燥するだけの時間がありません。

 

そのため、できるだけ2足以上の靴をローテーションして履くようにしてください。

 

そして履いていない靴は、風通しの良い場所で十分に乾燥させ、殺菌するように心がけましょう。

 

それだけで効率よく靴の臭いを除去できますし、靴から足に臭いが移ってしまうのを防ぐことができます。

 

病気の可能性も疑ってみる

足が蒸れにくく、速乾性のある靴下を履くというのは足汗を多くかく人にとって必須です。

 

しかし、靴下が重くなるほど足汗をかいているのであれば靴下を変えるだけではなく、病気の可能性も考えてみましょう。

 

家に帰ってきて靴を脱いで歩くとフローリングが汗で濡れる、靴下が大量の水分で重くなる、ということもあるでしょう。

 

このような場合には、足の多汗症を発症している可能性もあります。

 

この病気を発症すると足汗が大量に発汗されるようになります。

 

足の多汗症の原因はまだはっきりとわかっていませんが、汗をコントロールする自律神経の働きが異常を起こしているからだと言われています。

 

足の多汗症の改善方法はいくつかありますが、体質や生活習慣を改善する、というのもおすすめです。

 

足の多汗症の原因となっている自律神経ですが、慢性的にストレスを受け続けていることによって発症します。

 

ストレスをできるだけ受けない、もしくは受けても解消できるようにすると、非常に効果的です。また定期的に運動するのも多汗症の改善には効果的です。

 

運動で定期的に汗を出すことによって、汗腺の働きを鍛えることができます。

 

汗腺の働きがしっかりしていれば、必要以上に汗をかくことや汗が少ないなどの発汗異常を抑えることができます。

 

足汗をかく人は靴下選び、靴下の洗い方などさまざまな点を工夫する必要があります。

 

すぐに簡単に足汗や臭いは簡単に改善できるものでありませんが、靴下選びや洗い方などのポイントをしっかり押さえておけば、足汗の予防や改善ができるだけでなく、それによる臭いを軽減することもできます。

 

毎日足のケアを続けることで、より高い効果を期待することができるはずです。