MENU

靴下がすぐにじっとり湿ってしまう

わたしは人並み以上に足あせをかいていると思います。それで困ったことといえば、靴下がすぐにじっとり湿ってしまうことです。するとやはり不快なにおいを発することになります。

 

夏場は靴を脱ぐのが本当におそろしく、極力靴をぬぐようなシーンを避けています。休みの日などはサンダルを履きますが、はだしではくと汗でヌルヌルになって、その後黒いアカがボロボロと大量にでてきて自分でも不快です。

 

夏場は毎日家につくと真っ先に風呂場にいって靴下を脱ぎ、足の裏、指の間を念入りに洗うことが日課となっています。

 

寝ている間も足に汗をかいているので、朝起きて出かける前にもシャワーを浴びるか、時間がなければ最低でも足だけはちゃんと洗うようにしています。足をあらうことが手よりも顔よりも優先です。

 

きれいな靴下を穿いてから良い香りのするデオドラントを足に大量にスプレーして出かけます。結構費用もばかになりません。

 

もちろん冬場はまだましなのですが、冬場は靴下が湿って足が冷たく感じてしまうという困った事態に陥ります。人の家に上げてもらう際には、スリッパを履かしていただくのも申し訳ない感じがして気が引けてしまいます。

 

こんなに湿った足を入れていいんであろうかと。でもスリッパを履かないと、フローリングの床などだと、足型がついてしまって足あせがバレバレで、家の人に不快な思いをさせてしまうのです。革靴なども通気性がよくないので、湿っぽく長くはいていると、かなり臭くなってきます。

 

なにもしなくてもよく汗をかきますが、特に会議中やプレゼンなど緊張感が高まったときの前後は足あせが半端なくでてきます。

 

夏も冬も足汗をかきますが、どうせならすこしでも綺麗な汗をかいてやろうと、水分をたくさんとるようにしています。