MENU

一年中耐えない足汗の恐怖

汗、と言えばやはり清潔なイメージは抱けませんよね。

 

スポーツでかいた爽やかな汗といえども、汗をかく直前の光景を見なければ、ただただ暑苦しいことこの上ありません。

 

ただでさえそんな不潔なイメージの汗。これが年中足にびっしりと纏わりついてくるのだからたまったものじゃありません。当方二十三歳の男なのですが、やはり同世代の異性の目も気になるのでやはり人前で靴を脱ぐのも躊躇ってしまいます。

 

ならば極力足元の風通しをよくしよう、と考えるも、夏にサンダルを履こうが冬にサンダルを履こうが、足の指の間に汗が溜まるのです。裸足でそんなところを見られると考えたら、靴下を履かないという選択はありません。しかし皆さんご存知の通り、靴下というものはとても蒸れます。

 

「あれ……これはもしかして、八方塞がりなんじゃなかろうか……」

 

ええ、その通りです。しかし最近では足の臭い対策の消臭スプレーなどもあるようで、実際に使ってみるとこれがなかなかどうして効くのです。しかし外出の度に足にスプレーをふり、はたまた外出先で靴を脱ぐたびにスプレーを使うなんてことは流石に出来ませんよね。

 

家に帰って靴を脱ぎ、靴下を洗濯機に放り込んだ辺りで漂ってくる豚骨ラーメンの屋台のような臭いに苛まれる毎日です。ええ、毎日と言って過言ではありません。足汗は僕みたいな重度なタイプだと、夏も冬もお構いなしです。

 

せめて臭いだけでもなんとかなればな、と考えているうちに今度は水虫の兆しが……やはり汗が多いと水虫を併発しやすいのでしょうか。僕はその辺りはあまり詳しくはないのですが、やはり現にこうしてヤツが迫ってきているということはつまりそういうことなのでしょうね。

 

そんなこんなで足の汗に悩まされながらも僕はこうして生きてますが、建設的なアイデアは特に思い浮かびません(笑)

 

はやくたちまちに汗を止めることが出来る妙薬が市場に出回る日が来ることを願うばかりです。